2019年 10月 22日 (火)

マークX生産終了で「FR」ますます希少種に 運転感好むドライバーもいるが...

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   長らく愛されてきた名車の「終焉」の報が相次いで飛び込んできた。

   まずは、トヨタ自動車の高級セダン「マークX」。生産が2019年12月で終了する。

   マークXは前身の「マークII」が1968年にデビューして以来、50年余の歴史に幕を閉じることになる。トヨタのFR(フロントエンジン・リヤドライブ=後輪駆動)車は、レクサスを除けば事実上、高級セダン「センチュリー」「クラウン」とスポーツカー「86」だけとなる。

  • 4月に発売されたマークXの「ファイナル・エディション」
    4月に発売されたマークXの「ファイナル・エディション」

バブル期には「3兄弟」が一世風靡も...

   マークXは、1980年代に「ハイソカー」として一世を風靡したマークIIの後継モデルとして2004年に改名して登場。FRゆえのオーソドックスで自然な操縦性が魅力の一つだったが、ミニバンやSUV人気に押され、販売が振るわなかった。

   1968年デビューの初代は「コロナ・マークII」と呼ばれ、小型セダン「コロナ」の上級モデルとして登場。1980年代後半のバブル絶頂期には「クレスタ」「チェイサー」とともにマークII派生の3兄弟がハイソカーとして人気を呼んだ。ライバルの日産は1985年登場の7代目スカイラインがマークIIに対抗し、スポーティーカーからハイソカー志向に転じたが、マークII3兄弟の人気は絶大だった。

   しかし、バブル崩壊後はハイソカー人気も下火となり、マークIIはマークXに改名して再デビューを果たすが、マークII3兄弟時代の人気は戻らず、タクシーに利用されるなど、かつての高級路線から少しずつ逸脱していった。トヨタの売れ筋はハイブリッドカーの「プリウス」や「アクア」であり、高級セダンはFF(フロントエンジン・フロントドライブ=前輪駆動)車ベースの「カムリ」や高級ブランドの「レクサス」にシフトしていった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中