2019年 5月 19日 (日)

フジの小室圭特集に「もうウンザリ」 30秒の「スクープ映像」延々...「可哀想になってくる」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   情報番組「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)で2019年5月13~14日、秋篠宮家の長女・眞子さま(27)との婚約が延期になっている米国留学中の小室圭さん(27)を特集した。

   留学中の様子を2日間にわたり約1時間30分、独自におさえた映像とともに紹介したが、視聴者は「煽りたいのは分かるけど無理やりすぎて...」とあきれ気味だ。

  • グッディ公式サイトより
    グッディ公式サイトより

小室さんは「ミッドタウンのニューヨーカー」

   グッディは13日の放送で、「独占!スクープ撮」と題し、米国でおさえた小室さんの映像を紹介した。

   30秒の映像では、留学先の大学近くに現れ、構内に入っていく小室さんの様子を収めている。ディレクターが「すみません、小室圭さんでしょうか」と問いかけるも返事は無く、その後、小室さんに大声で2度呼びかけるも静かに去っていった。

   ディレクターはたまたま撮影できたといい、「私とバッチリ目が合った」「(見た目が)ミッドタウンのニューヨーカー」と興奮気味に振り返っている。

   番組では、映像を24フレームに分けそれぞれ紹介。カメラを向けられた際、小室さんが歩く方向を変えたシーンを「ターンK」、階段を上がる際に少し跳ね上がったのを「エアK」などと呼んだ。スタジオでは、「ターンK」を2度実演した。

専門家3人が映像分析

   番組では30秒の映像をもとに約1時間にわたり詳報。出演者が「(小室さんが)ここまで追っかけられなきゃいけないのか」と疑問を呈すと、アナウンサーは「たまたま(ディレクターを)出したら小室さんが出てきた」と説明する。

   翌14日の放送でも、同じテーマを約30分間伝えた。音声や表情などの専門家3人に映像を分析させ、「俺は動揺なんかしていませんよ。順調にやってるんだよっていう自信の表れを外に表している」などと見解を述べている。

   「スクープ撮」と題し大々的に報じたものの、ツイッター上では、

「煽りたいのは分かるけど無理やりすぎて...」
「こういうくだらない追いかけするから批判する人がたくさん出てくるのよ」
「独占スクープしたからってここまでやるのは違くない?可哀想になってくるわ」
「グッディ小室さんネタで遊んでない?音声解析とかまでする必要あんのか?」
「盛り上がってるのか?この話題...。視聴者はもうウンザリだぞ...」

と、視聴者との温度差があったようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中