2019年 10月 23日 (水)

堀江貴文氏も思わず苦笑い 記者から「新ロケット名とゼロ戦の関係」質問

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

私財で60億円以上投資して、何とか...

   堀江氏は会見冒頭、宇宙事業への取り組みについて、

「ライブドア時代から結構試行錯誤しながら投資しており、多分、私財で60億円以上投資して、何とかサブオービタルのロケット打ち上げまでたどり着いた。非常に感慨深い」

とふり返りながら、

「実は宇宙開発の障害になっているのは価格だった、ということに注目している。ここで価格破壊を起こすことによって、宇宙をより身近に、宇宙にものとか人を沢山送り込めることが可能になる」

などとして、ロケットを打ち上げるビジネスは「日本にとってはめちゃくちゃ大きなチャンス」と訴えた。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中