2019年 6月 25日 (火)

佐藤浩市が舞台挨拶「ゼロ」のナゼ 「首相揶揄」騒動と関係は?配給会社に聞いた

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

「(騒動は)まったく関係ありません」「スケジュールの問題など」

   実際のところ、インタビュー記事に端を発する騒動と佐藤さんが舞台挨拶に登壇しないことに関係はあるのか。『空母いぶき』配給会社のキノフィルムズ(東京都港区)に15日、J-CASTニュースが取材すると、担当者は

「(騒動は)まったく関係ありません」

と断言。ネット上の憶測を否定した。また、

「スケジュールの問題などがあり、佐藤さんが舞台挨拶上映会に元々ご登壇される予定はありませんでした。少なくとも4月中には決まっておりました」

と説明している。インタビュー記事が掲載された『ビッグコミック』の発売以前に、登壇しないことは決まっていたということだ。

   かわぐちかいじさん原作の『空母いぶき』。映画では国籍不明の武装集団が日本の島嶼部を占領したことで、日本政府が自衛隊初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を出動させ、敵の攻撃を受けると戦闘状態に突入していく――というストーリーが展開される。

(J-CASTニュース編集部 青木正典)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中