2019年 5月 20日 (月)

「張り合わせた1万円札」で逮捕の82歳男 元の紙幣は「本物」だったけど...

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   香川県警琴平署は2019年5月16日、ぼろぼろになった1万円札数枚を、つなぎ合わせて1枚にして使用したとして、貨幣変造の疑いで、無職の男(82)を逮捕した。

   男は「もったいないと思った。だますつもりはなかった」と供述している。ネット上では「銀行で交換できることを知らなかったのでは」という意見が相次いだ。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

「厳重注意」でもいいのでは...との声も

   J-CASTニュースが琴平署に事件の概要を聞くと、男は3月7日、県内のコンビニで、破れ、古びた1万円札を数枚セロハンテープでつなぎ合わせて作った「1万円札」1枚を女性店員に渡し、たばこを買った疑いがある。男性店長が売上金を銀行に持ち込んだ際、「変造紙幣」だと発覚。3月中旬に琴平署に紙幣を届け出た。

   この事件が報じられると、ネット上では逮捕された男性に対し、「銀行にもっていけば何万円かになったのに」「本物の札なら厳重注意でいいと思うけど」といった声があがった。

   実際に、紙幣は破れるなどしてしまった場合でも、条件を満たせば、それぞれ定められた金額で引き換えてもらうことができる。

   「お札の表面をみると日本銀行券と書いてある。いわば日本銀行の商品。引き換えに関しては日本銀行法および施行規則のなかで日本銀行が行うとされている。当然『本物』であれば引き換えを行う」と事件があった香川県の日本銀行高松支店発券課はいう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中