2019年 6月 17日 (月)

見城徹氏ツイッター停止に「なに日和ってんだよ」 批判派の花村萬月氏、ダメ出し残して自らアカウント削除

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   作家の花村萬月氏が2019年5月21日にツイッターを更新し、幻冬舎社長の見城徹氏への批判を最後に、ツイッターアカウントを削除した。

   見城徹氏による津原泰水(やすみ)氏の実売部数公表に対し、ツイッターで批判を繰り返していた花村氏だが、見城氏の対応に再度批判を浴びせてSNSを去った。

  • 花村萬月氏のツイッターアカウント(@bubiwohanamura)は21日19時現在、削除されている
    花村萬月氏のツイッターアカウント(@bubiwohanamura)は21日19時現在、削除されている

批判の急先鋒だった花村氏だが...

   5月13日に作家の津原泰水氏が、幻冬舎発行の『日本国紀』を批判したために同社からの自著出版を拒否されたとツイッターに投稿して始まった、津原氏と見城氏の論争。これに花村氏は津原氏に加勢する形で15日にツイートを繰り返し、

「見城は仰有った。
『ボクは小説は最後しか読まない。』」
「それは文字通り、小説のラストだけ目を通して、すべてを決めるということで、雑念が入らぬぶん、当たりを出せるということ──らしい」
「俺がまっさらの新人だったから口を滑らせたのだろう」

と、見城氏に関する自身の体験を暴露した。そして過去の体験を根拠に

「詐欺師の会社から本を出すわけにはいかない」

など、強い口調で見城氏と幻冬舎を非難していた。

   見城氏は花村氏の一連のツイートに対し、

「花村萬月さんに関してはあそこまで悪口を書かれるのは僕の不徳の致すところとしか言いようがありません。何故なら、僕はデヴュー当時の花村萬月さんの作品も人となりも好きだったからです。しかし、花村さんは僕のことを不快に思っていたことが良く解りました。身から出た錆と胸に刻みます」

と投稿するなどしていたが、ツイッターで津原氏の著作の実売部数を暴露したことで花村氏に留まらず、多くの作家から批判を受け、5月19日には「僕のツイートはこれにて終了します」と、自身のアカウント更新停止を明言して事態の収拾を図った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中