2020年 9月 30日 (水)

ヘイト動画が入った「朝鮮DVD」 新宿区や町田市で投函情報

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   ヘイトスピーチやデモ現場で人々がもみ合う動画が詰まった、その名も「朝鮮DVD」なるものが、東京都新宿区や町田市で配られている。配られた時期は2019年4月から5月下旬にかけてとみられる。

   J-CASTニュースでは5月下旬、DVD配布をツイッター上で指摘した、藤原たけき・新宿区議会議員に取材し、中身を見せてもらった。編集部が、投かんされたという町田市の人物からもDVDを借りたところ、新宿のものと同じ映像が確認できた。

  • 朝鮮DVD
    朝鮮DVD
  • 取材を受ける藤原区議(画像一部加工)
    取材を受ける藤原区議(画像一部加工)
  • 朝鮮DVD
  • 取材を受ける藤原区議(画像一部加工)

約4時間にわたるデモやヘイトスピーチ動画

   配られているDVDの表面には「朝鮮DVD」という文字があしらわれている。パソコンでプロパティを表示すると、「DVD (2019-04-17)」と日付らしきものが表示された。動画の尺は約4時間で、ネット上の複数の動画をつなぎ合わせたような内容。「ニコニコ動画」からの映像も含まれているようで、右から左へコメントも流れていた。

   再生すると「朝鮮半島の本当の歴史」とタイトルが表示され、1880年代に発刊された、アメリカ人牧師ウィリアム・グリフィスによる『隠者の国・朝鮮』という書物が紹介される。

   その後は、差別発言が繰り返されるデモやヘイトスピーチの様子が収まっている。動画には「こういう事実を流すのはいいな」「犯罪は祖国に戻ってやれ」と差別発言を支持したり、「正論過ぎww」「クッソワロタwww」とおかしく取り上げたりするコメントが流れていた。ほかに、「差別デモやめろ」と抗議する人々の映像や、デモ現場で参加者がもみ合いになるものもあった。デモ動画の後には、ヘイトスピーチの問題を扱った報道や、在日コリアンに言及したニュース番組の映像も流れていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中