2020年 9月 30日 (水)

大城活躍で、ますます立場なく... 2軍降格・中島は再起できるのか

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   巨人が2019年5月31日、甲子園で阪神に2-5で敗れた。先発テイラー・ヤングマン投手(29)が初回、大山悠輔内野手(24)に先制の3ランを許して早くも3失点。その後、制球に苦しんだヤングマンは4回2死2塁の場面で近本光司外野手(24)にストレートの四球を与えたところで降板となった。

   打線は2回、阪神先発・髙橋遥人投手(23)から大城卓三内野手(26)が2ランを放つも以降はゼロ行進。阪神戦4連敗となったチームは2位阪神に1.5ゲーム差、首位・広島とのゲーム差は4.5に広がった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

5番1塁で存在感を見せる大城

   ヤングマンを4回途中でベンチに下げ、早めの継投策に出た原辰徳監督(60)だったが、この日も中継ぎ陣が指揮官の期待に応えることは出来なかった。イニングをまたいでの登板となった2番手・田口麗斗投手(23)は5回、糸井嘉男外野手(37)の3塁打から1失点。3番手・高木京介投手(29)もまた、7回に近本光司外野手(24)の3塁打から1点を失った。

   甲子園で屈辱の連敗となった巨人だが、明るい材料となったのは大城の打撃だろう。5月26日の広島戦でプロ初となる5番1塁手でスタメン出場を果たし、29日の阪神との初戦には4回にタイムリー2塁打、そしてこの日は唯一の得点となる2ランを放ち、存在感を見せつけた。

   開幕からは捕手として、小林誠司捕手(29)、炭谷銀仁朗捕手(31)らと正捕手の座を争ってきた。3番手捕手としてマスクをかぶってきた大城だったが、首脳陣から打撃を高く評価されており、26日にファーストにコンバート。同日に宇佐見真吾捕手(25)が1軍に合流したことから、今後は大城を打撃に集中させるために捕手ではなく、ファーストとして起用していく方針と見られる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中