2019年 11月 23日 (土)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
雅子皇后がメラニア夫人に頬ずりした距離感

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求
All four were so relaxed. It looked like they were old friends.
4人はとてもリラックスしていて、昔ながらの友人のようだったね。

   2019年5月27日、皇居・宮殿での会見で、天皇皇后両陛下が国賓の米トランプ大統領夫妻と和やかに語られている映像を目にして、ニューヨークに住む友人のロブがそう言った。

   2019年5月27日、皇居・宮殿での会見で、天皇皇后両陛下が国賓の米トランプ大統領夫妻と和やかに語られている映像を目にして、ニューヨークに住む友人のロブがそう言った。

   この連載では「トランプのアメリカ」で暮らす人たちのさまざまな声を、そのまま伝えたいため、私はなるべく自分の意見を語らないようにしてきた。が、今回は自分の思いを伝えたい衝動にかられた。

  • ホワイトハウスが公開した両陛下・トランプ夫妻の写真(Official White House Photo by Andrea Hanks)
    ホワイトハウスが公開した両陛下・トランプ夫妻の写真(Official White House Photo by Andrea Hanks)

「自分たちの国にいる時より、敬意を払われているんじゃないか」

   私は、ニューヨークでの日々の暮らしのなかで心と心が触れ合う瞬間を、「ニューヨークの魔法」というエッセイ・シリーズで書き続けてきたが、歓談の様子は、まさに私が「魔法」と呼ぶ瞬間に見えた。

   「ニューズウィーク日本版」で、「新天皇・新皇后の外交デビューは見事な作戦勝ち」という記事を目にし、私は少し違和感を覚えた。

   大統領夫妻の訪日に向けて、日米両サイドで周到に準備されてきたのは間違いないだろう。この記事のなかで「知性と品格のある大統領だと持ち上げることで天皇皇后とのバランスを取った」とあったが、両陛下は誰に対しても、知性と品格のある相手として、ごく自然に接しておられる印象を持つ。そして、大統領夫妻と両陛下の双方に、相手に対する敬意と思いやりがあったように私には感じられた。

   米国のトランプ支持者たちは、「我々の大統領をこんなに歓迎してくれてありがとう。自分たちの国にいる時より、敬意を払われているんじゃないか」と反トランプ派を皮肉った。これに対し、「そんなに尊敬されているなら、ずっと日本にいていいよ」と、日本はトランプ氏に媚びていると批判する声も一部にあった。

   両陛下が通訳なしに英語で直接、大統領夫妻と言葉を交わされていたことに、日米で賞賛の声が上がった。確かに通訳なしで対話することで、お互いの距離はぐっと縮まるはずだ。が、いくら外国語が堪能でも、誰に対しても偏見を持つことなく外に心が開き、相手を尊重する気持ちがなければ、こうした雰囲気は作れないものだ。

   トランプ氏はジャケットのボタンを外していた時もあるし、メラニア夫人は皇后さまとの会談のためにすわったとたんに、足を組んだ(おそらく習慣なのだろうが、しばらくして足組みをやめた)。

   だが、両陛下自身がそうしたことをまったく気にしていないご様子だったから、私たち日本人の多くも、そうした行為は「両陛下に対して心を開いていた証拠だろう」と思えた。あるいは「あれがトランプ流だから」と許せた。トランプ氏が陛下の背中にそっと手を触れたのも、親密さや思いやりから、と解釈した。

   人と人の間に「魔法」が生まれる時、たいていそこには自然な笑顔とユーモアがある。メラニア夫人も皇后さまも、それまで見たことのないような笑顔だった。両陛下も大統領夫妻も、あまり出番のなかった通訳も交えて、心から楽しそうに歓談していた。

大統領夫妻を打ち解けさせた人間力

   ユーモアもあふれていた。陛下が趣味で演奏されるビオラが大統領夫妻から贈られると、皇后さまが「陛下、今夜お弾きになられたら」と話し、陛下は笑顔を見せられていたという。

   また、トランプ氏が「陛下は相撲をよくご覧になるのですか」と尋ねると、陛下は「それほどしばしば、機会があるわけではありません。また、昨日、大統領がご覧になったほど近くでは見ません」と伝える場面もあった。

   メラニア夫人と皇后さまの別れの挨拶も、印象的だった。メラニア夫人が親しみの表情を浮かべ、出した握手の手を躊躇して引っ込めようとするやいなや、皇后さまが手を差し出し、握手を交わした。そしてどちらからともなく歩み寄り、顔を近づけ、頬ずりした。

   頬ずりの挨拶は、もともと欧州の習慣だ。アメリカでもとくに東海岸では、親しい間柄で頬ずりする人は増えてきたが、握手やハグが一般的だ。皇后さまは、メラニア夫人がスロベニア出身であることに配慮したのかもしれないが、頬ずりはおふたりの距離の近さを象徴するものだった。

   頬ずりまでするのは行き過ぎだ、と感じた日本人もいるようだが、形式ではなく、ごく自然にふたりの心が動いたことに、私は感銘を受けた。

   メラニア夫人は、旧ユーゴスラビアの内戦時に渡米。自分の国が分断される辛い経験をした。大統領夫人になってからは、スロベニア出身であることや、セクシーなモデルだったことで批判や中傷にさらされた。また、マスコミに夫の女性問題を騒ぎ立てられた。皇后さまも適応障害に苦しまれるなど、お互いの心の痛みに共感したのかもしれない。

   「With Trump's Visit to Japan, Empress Masako Finds a Spotlight(トランプ氏訪日で、皇后雅子さまはスポットライトを浴びる)という記事が、「ニューヨークタイムズ」紙(2019年5月27日付)に掲載された。

   皇室に後継者をもうけるという伝統的な役割に苦しんでいた皇后さまが、生き生きした笑顔で、語学と外交の能力を生かし、もてなされていた様子に、日本国民も喜んでいると紹介した。

   そしておそらく、それを誰よりも喜ばれているのは、陛下だろう。

   これだけの短時間に、大統領夫妻をリラックスさせ、打ち解けさせたのは、両陛下の人間力にほかならない。慎み深さに親しみを備えた新しい時代の皇室外交に、日本だけでなく、世界中が注目している。

(随時掲載)

++ 岡田光世プロフィール
おかだ・みつよ 作家・エッセイスト
東京都出身。青山学院大卒、ニューヨーク大学大学院修士号取得。日本の大手新聞社のアメリカ現地紙記者を経て、日本と米国を行き来しながら、米国市民の日常と哀歓を描いている。米中西部で暮らした経験もある。文春文庫のエッセイ「ニューヨークの魔法」シリーズは2007年の第1弾から累計40万部。2019年5月9日刊行のシリーズ第9弾「ニューヨークの魔法は終わらない」で、シリーズが完結。著書はほかに「アメリカの家族」「ニューヨーク日本人教育事情」(ともに岩波新書)などがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中