2020年 9月 30日 (水)

浜口の21球降板で「懲罰だとしたら訳がわからない」 ラミレス采配にファン疑問

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   DeNAのアレックス・ラミレス監督(44)采配が波紋を広げている。DeNAは2019年6月2日、横浜スタジアムでヤクルト対戦して2-5で敗れた。先発の浜口遥大投手(24)が初回、打者7人に対して3安打を許し3失点。失策が絡んでの3失点で、自責点は「0」だったが、ラミレス監督は続投を許さず、2回から2番手・国吉佑樹投手(27)がマウンドへ。国吉は悪い流れを断ち切ることが出来ずに追加点を許し、チームの連勝は「4」でストップした。

  • DeNAの本拠地・横浜スタジアム
    DeNAの本拠地・横浜スタジアム
  • DeNAの本拠地・横浜スタジアム

交代直後は降板理由に関する様々な憶測が

   2回、ラミレス監督がいきなり動いた。先発・浜口を降板させ、国吉をマウンドに送り込んだ。浜口は投手交代が告げられる直前までキャッチボールを行っていただけに、状況を呑み込めないスタジアムは不穏な空気に包まれた。3失点したとはいえ、初回わずか21球での緊急降板に、ネット上では一時、浜口の負傷を心配するファンが続出し、降板理由に関して様々な憶測が飛び交った。

   1回の浜口の投球内容を振り返ってみる。まず、先頭・塩見泰隆外野手(25)を空振り三振に仕留め、続く青木宣親外野手(37)にセンター前に運ばれた。3番・山田哲人内野手(26)にレフト前ヒットを許し、1死1、2塁の場面でウラディミール・バレンティン外野手(34)の1塁ゴロを名手ホセ・ロペス内野手(35)がファンブル。2死満塁となったところで大引啓次内野手(34)に右中間を破る走者一掃のタイムリー2塁打を浴び3点を失った。

   16連敗中の不調ヤクルトに先制を許し、初回に流れを持っていかれたのは事実だろう。ただ、浜口にとっては失策が絡んだ失点で不運な面も否めない。ラミレス監督の采配の是非はともかく、浜口の後を継いだ国吉の2回のマウンドは、肩が完全に出来上がっていない状態だったのか、制球が定まらず、球そのものに勢いがなかった。緊急登板した国吉は結局、3イニングを投げたが、2回と3回にそれぞれ1点を失い、傷口を広げる形となってしまった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中