2020年 1月 21日 (火)

新アトラクション、エリア誕生... 動き相次ぐオリエンタルランドを、株式市場はこう見ている

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランドの株式が業績向上への期待から買われ、2019年5月中旬から下旬にかけて連日、上場来高値を更新した。その後も一時的な下落はありつつ、1万3000円台の高水準にある(6月5日時点)。

   会社側が公表した2020年3月期の業績予想は保守的だったが、それへの失望売りは一時にとどまり、今後次々と新アトラクションが導入されることによる成長への期待が高まっているのがその理由だ。

  • TDSに誕生する新アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」(C)Disney
    TDSに誕生する新アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」(C)Disney

2019年3月期は「ザ・過去最高」

   1カ月以上前のことになるが、まずは4月25日に発表された2019年3月期連結決算と2020年3月期の業績予想を確認しておこう。

   2019年3月期は一言でまとめると「ザ・過去最高」だった。売上高は前期比9.7%増の5256億円、営業利益は17.2%増の1292億円、純利益は11.2%増の902億円で、いずれも過去最高を更新した。TDR35周年を記念する特別パレードなどのイベントに集客効果があったことなどから、テーマパーク入園者数は前期比246万人増の3256万人、顧客一人当たりの売上高は201円増の1万1815円となり、いずれも過去最高を更新したことがそのまま業績に反映した。通常は閑散期の1~3月が暖冬の影響で来客数が前年同期より1割近く増えたことも貢献した。ホテル事業も売上高が59億円増の724億円、営業利益が29億円増の192億円と好調だった。人手不足の環境の下、人件費など諸経費が増加したものの、売上高の増加により結果として大幅な増益を果たしたのだった。

   一方で、同時に発表した2020年3月期の業績予想はやや投資家のサプライズを呼んだ。売上高は前期比8.8%減の4792億円、営業利益は28.1%減の929億円、純利益は27.7%減の653億円。35周年イベントの反動で入園者数は7.9%減の3000万人、顧客1人当たり売上高は1.5%減の1万1640円と見込むためだ。一方でシステム関連費用などが増加する。会社側の予想通りに着地すれば、営業利益は7期ぶりの1000億円割れとなる。「減益計画は想定していたが、その水準は想定以上に低かった」(SMBC日興証券)との反応を呼んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中