2019年 11月 14日 (木)

カネカ、学生向けイベント不参加へ 「パタハラ疑惑」余波、就活生に不安

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   化学メーカー大手のカネカが、学生向けのインターンシップイベントの参加を急きょ、見送ったことが分かった。

   同社をめぐっては、元従業員の妻がツイッターで「パタハラ」被害を訴え、就活生の間で不安が広がっている。カネカ広報はイベント辞退の理由を「(今回の騒動について)ご質問が出た場合、ご回答ができないようなところになる可能性があったため」と話す。

  • カネカ採用ページより
    カネカ採用ページより

6月5日に辞退申し出

   カネカは2019年6月9日、国際展示場「インテックス大阪」(大阪市)で行われる学生向けイベント「マイナビインターンシップEXPO」に出展予定だった。

   しかし6月6日までに、イベントサイトの出展企業一覧から消え、予定していた講演も「出展者の都合により、カネカの企業講演会は中止となりました」と記載されている。

   同社をめぐっては、元従業員の妻が6月1日、ツイッターで「夫が育休復帰直後に転勤を言い渡され退職した」などと投稿し、大きな騒動となった。カネカの対応は「パタニティ・ハラスメント(パタハラ)」(男性の育児休業取得などに対し、職場の上司や同僚らが嫌がらせのような言動をすること)に当たるとして批判を集めた。

   カネカは6日、公式サイトで見解を発表し、調査の結果、「対応に問題は無いことを確認致しました」と"反論"している。

   同社の広報担当者は6日、J-CASTニュースの取材に、イベントの参加辞退は5日に申し出たという。「ネットの問題で(5日時点では)まだ調査ができていない段階で、(会場で)ご質問が出た場合、(当日までに調査が終わっていないと)ご回答ができないようなところになる可能性があったため」と話す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中