2019年 7月 24日 (水)

パンプス強制、根本答弁は「容認する発言ではない」 厚労省が見解示す

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

パワハラに当たるかどうか

   また尾辻氏は「女性にのみ、このようにハイヒールやパンプスの着用を求めるというのは、ハラスメントにあたり得るものだと思います」として、「労働安全衛生、そしてハラスメント両面からの整備をしっかりしていただくようにお願いしたいと思います。大臣、これしっかり取り組んでいただきたいとお願いしたいのですが、いかがでしょう?」と質問。根本氏はハラスメントとの関わりについて次のように答弁した。

「職場において女性にハイヒールやパンプスの着用を指示すること、これについては今、パワハラという観点からのお話でした。当該指示が社会通念に照らして業務上必要かつ相当な範囲を超えているかどうか、これがポイントだと思います。そこでパワハラに当たるかどうかということだろうと思います。一方で、たとえば足をケガした労働者に必要もなく着用を強制する場合などはパワハラに該当し得ると考えております。そこは職場でどういう状況の中でなされているのかというところの判断かなと思います」

   一方、尾辻氏は女性の高階恵美子・厚労副大臣に対しても、ハイヒールやパンプスを女性が義務付けられることについて「感想としてどう思われているか」と質問している。高階氏は、

「そもそも職場でそういった義務付けをしているところがどの程度あるのか承知しておりませんが、一般的に言って、その業務の必要な範囲、そして安全性が確保される環境の中で労働者には仕事していただけるように、みんなで環境整備をしていくのが職場の考えだろうと思いますので、強制されるものではないのだろうと思います」

と職場での強制に否定的な見解を示していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中