2019年 7月 17日 (水)

「毎月50万円もらって...」 阪急車両ジャックに「時代の違う感性」と批判

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

阪急「働くことの意味や尊さなど、応援メッセージで伝えたい」

   J-CASTニュース編集部は6月10日、阪急電鉄の広報部に取材をした。

   担当者によると、「言葉」の種類は80ほど。担当者は「多くは通勤電車で、ビジネスマンの方が重要なお客様。実際は働いている方々に働くことの意味や尊さなど、応援メッセージで伝えたいという趣旨で出させて頂いた」と説明。「かえってご不快な思いをおかけしたり、我々と思っていることと逆効果になったりしていますので、どうしていくか検討している」と答えた。

   取り下げる可能性については「ゼロとは言いません。変える手もあるだろうし、言葉としてそのまま紹介するのも1つでしょうし。そこは全然わからないです」と話していた。批判の声を事前に予測できなかったか、という質問に対しては、「うーん...。少なくとも『炎上』、賛否の『否』を想定してそもそも(掲示を)出さないと思うので...」と言葉を詰まらせていた。

(J-CASTニュース編集部 田中美知生)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中