2020年 12月 1日 (火)

撮り鉄対策?ホーム突端に「柵」設置 JR熊本支社に真相を聞くと...

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

「撮影立ち入りを防ぐためでなく、老朽化で安全を考えた」

   真相はどうなっているのか、JR九州の熊本支社にJ-CASTニュースが取材すると、総務・企画課の担当者が6月10日にこう説明した。

「電車を撮影する人が入らないようにする目的ではありません。長年、ホームの端の部分は使用しておらず、老朽化も進んでいるため、安全のために立ち入りができないようにしました」

   鹿児島本線では、九州新幹線が全線開業してから特急は一部を除いてなくなり、現在は、普通電車(2、4両編成)と貨物電車が走っている。フェンスの柵は、上下線のホーム両端の計4か所で3月15日に設置した。

   植木駅は、周囲に大きな建物がなく、電車全体が撮れるとして鉄道ファンの姿は多いというが、これまでに線路に立ち入るなどのトラブルは聞いていないという。柵の設置後も、乗り越えるなどして撮影するケースも聞いていないとしている。

   JR九州管内では、三角線の駅などでも、数年かけてホーム上の柵設置を進めているそうだ。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中