2019年 6月 16日 (日)

FA権取得目前の広島・野村 「一番欲しがっている」球団は...

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   広島・野村祐輔投手(29)の国内フリーエージェント(FA)権取得が目前に迫っている。野村は2019年6月11日、札幌ドームで行われた日ハム戦で先発し、1回6安打5失点で降板。打者9人に対して49球を要しての大炎上で、プロ最短となる1回KOとなった。この日のKOで野村は2軍降格に。これで国内FA権取得は先送りとなったが、1軍復帰後に権利取得となる見込みで、今後の動向に早くも注目が集まっている。

   今シーズン、野村はここまで11試合に登板して3勝3敗。5月21日の中日戦以来、白星から遠ざかっている。今シーズンは序盤で打ち込まれて失点を重ねるゲームが多く見られる一方で、クオリティ・スタート(QS=先発投手が6回以上投げ、3自責点以内に抑える)を5試合で達成している。好不調の波が激しいのも今シーズンの特徴だ。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

複数球団が名乗りの可能性もパ・リーグ球団は...

   今月24日に30歳となり、そのキャリアはベテランの域に差し掛かっている。ひとまずFA権取得は先送りとなったが、権利取得後の動向は各球団の首脳陣が注目するところ。権利を行使するか否かは現時点では不明だが、在京球団の関係者は「野村が権利を行使すれば、複数の球団が獲得に動くのでは」と見ている。

   前出の関係者によれば、パ・リーグの球団が獲得に名乗りを上げる可能性は低いという。その大きな理由として、パ・リーグチームとの相性を指摘する。野村は2016年6月16日の西武戦以降、交流戦での白星はなく、今シーズンも6月4日の西武戦に登板して6回6安打4失点(自責1)で勝敗付かず。そして11日の日ハム戦での1回KO。パ・リーグのパワー野球との相性は決して良いとはいえないだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中