2019年 6月 17日 (月)

水ダウ視聴者が感動、ミスターちんの神対応 「もう一つの顔」での経験が生きた?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2019年6月12日に放送された「水曜日のダウンタウン」(TBS系)が話題だ。

   この日の企画は「中継先にヤバめ素人が現れてもベテランリポーターなら華麗にさばける説」。ベテランリポーターとして知られる芸能人たちをターゲットとしてニセ番組に招待し、生中継を妨害する迷惑な一般人(仕掛け人)に対してどのように反応を示すかを検証する企画だ。

  • ミスターちんさんの公式ページから
    ミスターちんさんの公式ページから

仕掛け人の目をしっかりを見て対話

   このうち、最後に登場した板東英二さん(79)については、「生中継」終了後の様子が「全カット」されたため、視聴者の間で大きな話題に。「板東英二のやつ今見たけどめちゃ気になるな」「マジギレしたんじゃないか?」といったVTRのその後がどうなったかを気にする声がネット上にこだますなど反響は大きいが、その一方で、別のターゲットであるミスターちんさん(55)の「神対応」も話題を呼んでいる。

   4人目のターゲットとして登場したちんさんがバーベキュー場で「生中継」を開始すると、ほかの出演者の時と同様、一般の男性を装ったスタッフが虚ろな目つきでカメラに向かってフラフラと近付いてきた。本当の生中継であればまごうことなき非常事態だが、ほかの出演者が多少なりとも動揺した様子を見せたのに対し、ちんさんは「お父さん、すみません。どうも」と声を掛けつつニッコリ。虚ろな目つきをものともせず、仕掛け人の目をしっかりを見て対話する姿勢を見せつつ、しつこくカメラに歩み寄ろうとする仕掛け人を画面から押し出す動作を続けた。また、「生中継」が一旦終了し、スタッフが男性をつまみ出す際にも、「ちょっと、雑に扱わないよ」と、仕掛け人を気遣った。

   場所を川岸に移し、「生中継」を再開すると、今度は川の中から仕掛け人がビショビショの状態で登場。それでも、ちんさんは仕掛け人を川から引き揚げ、スタッフに引き渡すとタオルを与えることを指示。さらに、インタビューを行っていた「一般人」に対し、「ごめんなさい、ビックリしたでしょ。俺もビックリした」と、これまた気遣いの姿勢を見せた。その後、仕掛け人が川に飛び込んだため、さすがのちんさんも「お手上げ状態」に。そこでネタばらしとなった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中