2021年 3月 2日 (火)

名良橋晃×岩本輝雄が語る「コパ・アメリカへの期待」 決勝T突破の原動力は「久保選手も、ですが...」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

久保に求める「得点に直結するプレー」とは

   9日の親善試合・エルサルバドル戦でA代表デビューを果たしたMF久保建英(18)も招集された。主力として起用される可能性もある。その久保に期待する役割は、やはり「ゴールとアシスト」だ。

「得点に直結するプレー、一番は当然これだと思います。ポジショニングも良いし、相手のマークを外すのも上手いので、普通に通用すると思います。あとは彼がボールを持った時、あるいは持つ前の、周りの連携ですね。久保選手をフリーにするために誰かがフリーランするとか、彼にボールが入った時に横に誰かがつくとか。久保選手がボールを持って前を向けば、先ほども言ったように前田選手は速いので、スルーパスも来るでしょう。

ポジションがサイドハーフかトップ下か分かりませんが、久保選手がいることによって相手のボランチが引きつけられます。今度は(ボランチの)柴崎が空きますよ。すると柴崎は良いボールを出せますから、そこからも得点チャンスが作れます。非常に面白い連携が見られると思います」(岩本氏)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中