2019年 9月 19日 (木)

チリ戦完敗も「悲観する必要なし」 名良橋晃氏が上田・久保にみた希望

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   0-4の敗戦に終わったサッカー日本代表の南米選手権(コパ・アメリカ)初戦・チリ戦は、1トップに抜擢されたFW上田綺世(あやせ、20・法政大)が再三の決定的チャンスをモノにできず、インターネット上で批判も飛び交った。

   上田には何が足りなかったか。元日本代表で解説者の名良橋晃氏(47)はJ-CASTニュースの取材に「味方がパスを出したくなるような動きはできていた」と評価する一方、「『余裕』がなかったように見える」と話す。

  • 名良橋晃氏
    名良橋晃氏

「90分を通すとチャンスがなかったわけではありません」

   チリ戦は2019年6月18日(日本時間)に行われ、東京五輪世代(現U-22)中心のメンバーで挑んでいる日本は無得点・大量失点という厳しい船出となった。ただ、名良橋氏は「スコア上は『完敗』でしたが、ある意味『悔しい敗戦』だったと思います。90分を通すとチャンスがなかったわけではありません」と話す。

   確かにチャンスはあった。0-1で迎えた前半44分、相手のパスミスを見逃さなかったMF柴崎岳(27)がダイレクトで最前線へスルーパス。これにオフサイドラインギリギリで反応したのが上田だ。GKアリアスと1対1の絶好機を迎えたが、シュートは枠外のサイドネットを虚しく揺らした。

   0-2の後半12分は、敵陣右サイドでボールを奪った柴崎が中央へクロス。逆サイドにフリーで走り込んだのもまた上田だったが、ボレーシュートは枠外に飛んだ。同24分には途中出場のMF安部裕葵(20)が敵ペナルティエリア内の左サイドを抜け出し、中央へ早いクロス。これにも逆サイドの上田が飛び込んだがわずかに届かなかった。同30分にも、中央への縦パスに反応した上田がGKと1対1でシュートしたがセーブされた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中