2019年 7月 23日 (火)

「問題児」ネリはパヤノに勝てるのか 予想される展開は...

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ボクシングの前WBC世界バンタム級王者で同級1位ルイス・ネリ(24)=メキシコ=が、2019年7月20日に米ラスベガスで元WBA世界バンタム級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(35)=ドミニカ共和国=と対戦する。体重超過やドーピング疑惑など「問題児」ネリにとって王座返り咲きに向けて絶対に落とせない一戦となり、元スーパー王者との対戦はボクシングの本場ラスベガスで名を売る絶好の機会となる。

   ネリは2018年3月に行われたWBC世界バンタム級タイトル戦で体重超過の大失態を犯し、WBCから無期限の資格停止処分を受けた。その後、処分が軽減される形で6カ月間の資格停止に変更され、現在はボクシング活動を再開させているが、日本の誇る世界王者・山中慎介氏を侮辱するような体重超過、そしてドーピング疑惑。日本のボクシングファンは今もなお、ネリの侮辱的行為を許していないだろう。

  • 井上尚弥(2016年撮影)
    井上尚弥(2016年撮影)

「ベルトを奪い返すための最終段階」

   リングの外で数々のトラブルを起こすネリだが、復帰後は順調にキャリアを重ねている。復帰第1戦目となった昨年10月では、いきなりWBCバンタム級シルバー王座を獲得。同年12月にノンタイトル戦で勝利すると、米国の大手プロモート社、プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)と契約。今年3月には米テキサスで、元IBF世界スーパーフライ級王者マクジョー・アローヨ(33)=プエルトリコ=に勝利し、本格的に米国進出を果たした。

   現在、WBCバンタム級1位にランクされるネリは、パヤノ戦を「ベルトを奪い返すための最終段階」と位置付ける。強気な姿勢は相変わらずで、その動向には元スーパー王者に対して敬意を見て取ることが出来ない。米メディアによると、パヤノもまた、「ネリは私に勝てない」と、自信を見せているという。

   王座返り咲きを狙うネリとパヤノにとって、7月20日のリングは最高の舞台となる。この一戦は、世界6階級制覇マニー・パッキャオ(40)=フィリピン=の世界戦の前座として行われ、米放送局「FOXスポーツ」のペイ・パー・ビュー(PPV)で全米生中継が予定されている。ノンタイトル戦とはいえ、この一戦が今後の両者のキャリアを大きく左右することは間違いなく、全米のボクシングファンに存在をアピール出来ればビッグマッチへとつながる。この試合の内容次第では、「モンスター」井上尚弥(26)=大橋=への「挑戦」の可能性も高まるだろう。

   WBC1位のネリは指名挑戦者の権利を有しており、ここまで無傷の29勝(23KO)の戦績を誇る。一方のパヤノは、WBA、WBC、WBOでそれぞれランクインしており、ネリを破ればWBCのランキングは現在の6位から一気に上昇するだろう。パヤノは今年3月に無敗のホープを「完封」し、判定で再起戦を飾っている。強打を誇るサウスポー同士の一戦はどのような展開になるのだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中