2019年 12月 10日 (火)

nasneよ消えないで。月額課金でもいいから... ソニーが提案した「テレビの未来」、私は忘れません

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

「実況」で時空を超える

   かくいう筆者も、nasneユーザーの一人だ。13年冬、当時発売された「PS Vita TV」ともに購入してから、ほぼtorneでテレビを見ている。せっかちな私は、字幕表示で2倍速にするのがお気に入り。週末のたびに、1週間のドラマやバラエティーをまとめて見ている。

   標準で「ニコニコ実況」を流せるのは、放送後10日以内の番組に限られているのだが、ニコニコ動画のプレミアム会員であれば、その制限はなくなる。ニコ動は最近ご無沙汰だが、この機能のためだけに毎月540円を課金している。番組をただ見るだけでなく、「連帯感」や「臨場感」を味わうためなら、お得と言っていいだろう。

   時たま、自宅でビール片手に、過去のNHK紅白歌合戦を見る。5年間のストックから選んで、気になる出場歌手にスライダーを合わせると、実況とともに熱唱が流れてくる。「ああ、こんな曲が流行ってたなぁ」。ちょっとしたタイムスリップ感覚だ。ひとりでも、移動中でも、そこにはお茶の間があらわれる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中