2020年 9月 21日 (月)

夢洲延伸で「近鉄」が飛躍する? 大阪万博と関西鉄道網の未来図

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   大阪中の話題をさらったG20サミット(2019年6月28日・29日)を終えると、2025年の大阪万博が待ち構える。

   大阪万博の事前準備で注目されるのがインフラ整備だ。関西の交通インフラ、特に鉄道網は万博を契機に発展してきた。今回は2025年大阪万博に向けた関西の鉄道網の発展予想図を整理したい。

  • 京阪も夢洲への乗り入れを計画している。
    京阪も夢洲への乗り入れを計画している。
  • 近鉄は1970年大阪万博と同時期に難波乗り入れを果たした。
    近鉄は1970年大阪万博と同時期に難波乗り入れを果たした。
  • 京阪も夢洲への乗り入れを計画している。
  • 近鉄は1970年大阪万博と同時期に難波乗り入れを果たした。

鉄道路線ない夢洲...浮上する延伸計画は?

   2025年大阪万博は南港にある人工島・夢洲で行われる。夢洲は万博だけでなくカジノなどの統合型リゾート施設建設の計画もあり、これから大いに注目される「島」になるだろう。 2019年6月現在、夢洲へは一般道路のみが乗り入れており、鉄道路線はない。そこで、大阪市内から夢洲への鉄道の延伸計画が持ち上がっている。

   1つ目はOsaka Metro(大阪メトロ)中央線の延伸だ。既に大阪メトロ中央線は南港のコスモスクエア駅まで達している。計画ではコスモスクエア駅から約3キロ先の夢洲まで延伸される。

   2つ目はJRゆめ咲線(桜島線)の延伸だ。計画では終点の桜島駅からの延伸を目指す。ただし、大阪メトロ中央線とは異なり、桜島駅と夢洲の間に中間駅が設けられる予定だ。

   3つ目は京阪中之島線中之島駅からの延伸。3つの延伸計画の中では最も延伸距離が長く、京都にも直結することが特長だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中