2019年 7月 23日 (火)

「自信喪失しないか...」 失策連発で2軍降格の広島・小園に心配の声

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2019年7月1日に登録抹消された広島の黄金ルーキー・小園海斗に心配の声が上がっている。

   遊撃で不動のレギュラーだった田中広輔の打撃不振が続いてチームも交流戦で低迷したため、6月20日に1軍昇格。しかし、3試合連続計4失策を喫するなど、高校No.1と絶賛された遊撃の守備でミスを連発した。2週間も経たず2軍に逆戻り。

  • 再びマツダスタジアムを沸かせる日は…(イメージ)
    再びマツダスタジアムを沸かせる日は…(イメージ)

それでも光った打撃センス

   小園を高校時代から知るスポーツ紙記者は「失策した時の小園は顔面蒼白だった。1軍で守備のミスは精神的なダメージも大きい、今後の野球人生の糧にしなければいけないし、良い勉強になったと思うけど変な意味で引きずらないでほしい。自信喪失しないかが気がかりですね」と思いやった。

   交流戦期間中の1軍昇格に、周囲からは「まだ早い。2軍でじっくり育てた方がいいのでは」と時期尚早を指摘する意見もあった。ファームで47試合出場し、打率.189、4本塁打。遊撃の守備もリーグで3番目に多い10失策とまだまだ攻守で1軍のレベルに達している段階ではなかった。

   それでも、打撃は非凡なセンスを見せた。昇格した20日のロッテ戦(マツダ)に「1番・遊撃」でプロデビューを飾ると、高卒1年目の新人野手では90年の前田智徳以来29年ぶりのプロ初打席初安打。幸先の良いスタートを切ったが、守備で試合の勝敗につながる手痛いミスを繰り返した。

   21日のオリックス戦(マツダ)で1点リードの9回に遊ゴロをさばいたが一塁へ悪送球。次打者の吉田尚の逆転2ランでチームが敗れた。翌22日の同戦も2失策を喫した。6回は併殺に仕留めたと思われたゴロをトンネルし、3失点のきっかけに。足が動かず、グラブさばきもぎこちない。大観衆が見守る球場の雰囲気にのまれ、明らかに自分を見失っていた。

   ただ、プロで挫折を味わっているのは小園だけではない。球史に名を残した名選手たちも失敗を積み重ねて成長した。同学年でプロ入りした中日・根尾昂、ロッテ・藤原恭大も2軍で鍛錬の日々を重ねている。小園も焦る必要はない。心身共にたくましくなった姿で再び1軍に戻ってくる日をファンは待っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中