2020年 9月 21日 (月)

潮田氏が「黙って引き下がるとは思えない」の声も... LIXILの乱、これで「決着」したのか

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

   経営陣の内紛が続いた住宅設備大手LIXIL(リクシル)グループ。社長兼最高経営責任者(CEO)の座に就いたのは、「追放」された「プロ経営者」、瀬戸欣哉氏だった。

   2019年6月25日開かれた株主総会で取締役の多数を制した瀬戸氏。2018年10月に社長兼CEOを「解任」されてから8カ月での復活だ。

  • LIXILは再び「一つ」になれるか(Rs1421さん撮影、Wikimedia Commonsより)
    LIXILは再び「一つ」になれるか(Rs1421さん撮影、Wikimedia Commonsより)
  • LIXILは再び「一つ」になれるか(Rs1421さん撮影、Wikimedia Commonsより)

「きょうからワンリクシル」強調

   瀬戸氏は総会後の会見や報道各社のインタビューで、「きょうからワンリクシルだ。ノーサイドで進めていきたい」と述べる一方、会社提案と株主提案で選任された計14人の取締役の削減を目指す考えを示すなど、プロ経営者として早くも独自カラーを打ち出す構えを示す。株主提案で再任された瀬戸氏が、会社提案の取締役とどこまで融和を図れるか。

   リクシルは旧トステム、旧INAXなどが経営統合して誕生した。このうち、旧トステム創業家出身の潮田洋一郎氏(株主総会で会長兼CEOを退任)が2018年10月に瀬戸氏を事実上解任したのに端を発した内紛が勃発。株主総会に向けて潮田氏の意向を反映した会社側が取締役候補8人を提案。これに対し、瀬戸氏と、旧INAX創業家出身の伊奈啓一郎取締役らが株主提案として8人の候補を立て、多数派争奪戦を展開した。

   総会では、会社提案8候補のうち、議決権助言会社が反対を呼びかけた2人が否決され、6人が可決。瀬戸氏を含む株主提案の8人(会社提案との重複2人を含む)は全員が可決され、取締役は計14人になった。総会後の取締役会で瀬戸氏が社長兼CEOに就任した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中