2019年 7月 16日 (火)

「すごく純粋でピュア。感動します」 女優・山崎紘菜がラグビーを愛する理由

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   ラグビーを愛する、熱い「ラグ女優」がいる。山崎紘菜さん。ドラマや映画で活躍するほか、現在は日本テレビ系のスポーツ番組「Going! Sports&News」(毎週土曜日出演)でも、代表ジャージを着ながら、さまざまな情報を発信している。

   「身長171センチ、8頭身美人」の山崎さんは、なぜ真逆の「熱く体をぶつけあう男たち」にハマったのか? J-CASTニュースでは「Going! Sports&News」出演前の山崎さんに話を聞いた。

  • 「Going! Sports&News」出演中の山崎紘菜さん。J-CASTニュースの取材にラグビーへの思い入れを語った
    「Going! Sports&News」出演中の山崎紘菜さん。J-CASTニュースの取材にラグビーへの思い入れを語った
  • このリレーインタビューでは、インタビュイーに、代表ジャージなどへのサインをしてもらっている
    このリレーインタビューでは、インタビュイーに、代表ジャージなどへのサインをしてもらっている
  • サインを書き込む山崎さん
    サインを書き込む山崎さん

惹かれた「自己犠牲の精神」の尊さ

   女優業を始めたばかりの2013年だった。全国大学ラグビー選手権「イメージモデル」に起用されたことが、きっかけだったと話す。

「大学1年生の時、全国大学選手権のイメージモデルに選んでいただいて。それから4年間、やらせていただきました。そこで初めて、ラグビーのことを知って、関わって。それで、ラグビーが好きになりました」

   しかし、なぜ、好きになったのだろうか?

「『自己犠牲の精神』というか、自分だけではなくて、相手のことを考えるスポーツじゃないですか。それが、すごく美しいな...って思っています。勝っても負けても相手を称える、ノーサイドの精神や、プレーでボールをつなぐために、誰かのサポートをしたり。自分のプレーを優先するよりも、誰かを助けるプレーをすることが、圧倒的に多いところが、すごく尊いなって思って」

   ラグビーというスポーツは、むき出しの体のぶつかり合い、つまり「肉弾戦」である。

「肉体と肉体のぶつかり合いに『嘘』がないところがですね。『誤魔化しがない』とか、自分の持っているフィジカルが、むき出しになるというか...。すごく純粋で、ピュアなスポーツだなと思って、感動します」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中