2019年 7月 23日 (火)

カープ4連覇絶望的、Bクラス転落... 鯉党からは「監督・コーチ一掃」望む声も

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   広島のリーグ4連覇が絶望的となった。広島は2019年7月7日、甲子園で阪神と対戦し0-1の完封負けを喫した。先発・床田寛樹投手(24)が7回5安打1失点の好投を見せたが、打線が阪神先発・髙橋遥人投手(23)の前に散発4安打。チームは今季4度目の完封負けで交流戦後、1分けをはさんで8連敗となった。広島の8連敗は2014年以来5年ぶり。借金は「2」となり、ついにBクラスとなる4位に転落した。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

「理想のオーダー」なのに4安打完封負け

   緒方孝市監督(50)が「理想のオーダー」とする打線は、最後まで沈黙を続けた。1番には7試合ぶりに野間峻祥外野手(26)を起用し、4試合ぶりに菊池涼介内野手(29)を2番、西川龍馬内野手(24)を3番に戻した。「理想のオーダー」は機能せず、野間は4打数無安打。3回の無死1塁の場面では、遊ゴロ併殺打に打ち取られ、リードオフマンとして最悪な結果となった。

   交流戦後、9試合で6人が代わる代わる1番に入り、いまだ固定しきれない。好機に打てない主砲・鈴木誠也外野手(24)。そして打率1割台でも試合に出場し続ける田中広輔内野手(30)。打線のテコ入れをしつつも、不調でも起用し続ける打者もいる。限られた選手の中での指揮官の苦しい采配なのだろうが、「触らない」起用法に鯉党の不満は膨れ上がる一方だ。

   ここまで不振の打線をカバーしてきた投手陣だが、その台所事情が苦しくなってきた。中継ぎ陣を支えてきた中村恭平投手(30)が左肘を痛めて7月3日に出場選手登録を抹消。同じく中継ぎの柱としてマウンドを任されていた一岡竜司投手(28)がコンディション不良のため7月7日に登録抹消。守護神の座をはく奪されて2軍降格となった中崎翔太投手(26)は、2軍での調整が続き1軍昇格の見込みがたっていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中