2020年 9月 25日 (金)

野上、大竹寛、森福...「崖っぷち」の巨人FA組は、救援に活路を見出せるか

https:////www.adfactory.io/adtr/click?bid=45987&sid=130&cid=31327&sk=jcast

   首位を快走している巨人で、救援陣はチームへの生き残りをかけて「FA組」が必死に腕を振っている。

   野上亮磨、大竹寛、森福允彦...かつては三顧の礼で巨人に迎えられた投手たちだが、現在の置かれた状況は崖っぷちだ。

  • 3人のFA組。果たして生き残れるのは…?(イメージ)
    3人のFA組。果たして生き残れるのは…?(イメージ)
  • 3人のFA組。果たして生き残れるのは…?(イメージ)

今シーズンに結果を残さねば...

   野上は17年オフに西武から3年契約でFA加入。先発ローテーションの軸として期待されたが、昨年は4勝4敗、防御率4.79で、シーズン終盤は敗戦処理での起用になるなど苦しい1年だった。今年は開幕2軍スタート。1軍に昇格後も先発のマウンドはなく、登板した12試合はすべて救援だ。

   契約は来年まで残っているが、今年救援で結果を出さなければ居場所を失ってしまう。7日のDeNA戦(東京ドーム)は制球が不安定だったドラフト1位左腕・高橋優貴に代わって3回途中から登板したが、2点リードの5回に乙坂智に2点適時打を浴びた。先発が早い回で降板した時のロングリリーフで活路を見出したい。

   大竹、森福は野上と違って猶予がない。13年オフに広島から3年総額5億円の大型契約で移籍した大竹は、昨季は2試合登板のみ。今年36歳のベテランは昨オフに構想外の危機だったが、減額制限を超える50パーセントダウンの2625万円で1年契約を結んだ。先発一筋だったが今季から救援に配置転換。6月30日のヤクルト戦(秋田)で初勝利をマークして通算98勝に到達した。勝ち試合の継投策で起用されるなど原監督の信頼を取り戻している。新境地でもう一花咲かせられるか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中