2019年 7月 16日 (火)

「ポプテピピック」に続いて?実写出演の蒼井翔太 撮影現場の「癒し」だったのは...

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   声優・アーティストとして活動する蒼井翔太さんが「REAL⇔FAKE」(MBS・TBS ドラマイムズ枠)で、実写ドラマに初挑戦することが2019年7月10日に発表された。

  • 「REAL⇔FAKE」公式サイト
    「REAL⇔FAKE」公式サイト
  • 蒼井翔太さんが演じる「歌姫」(公式ツイッターより)
    蒼井翔太さんが演じる「歌姫」(公式ツイッターより)

「撮影は、毎回監督に会うのが癒しでした」

   蒼井さんは、「KING OF PRISM」や「うたの☆プリンスさまっ♪」などの人気タイトルに多数出演しているほか、舞台俳優としての活動や、アーティストとして日本武道館公演も行うなどマルチに活躍している。「ポプテピピック」では、アニメ本編に突然実写で出演したことで話題を呼んだ。

   本作がドラマ初挑戦となる蒼井さんが演じるのは、国民的人気アーティストである「歌姫」の朱音。ストーリーは朱音が突然の失踪をしたことから動き出し、映像ディレクターの守屋がドキュメントムービーの撮影をしながら、グループ内にいるという失踪事件の犯人を捜す姿が描かれる。

   本作への出演発表に合わせて、蒼井さんは自身のツイッターで撮影の感想を報告。

「撮影は、毎回監督に会うのが癒しでした
それくらい、監督さん、年上の男性に言うのは失礼かと思いつつ、可愛いんです。
とても勉強になりましたし、スタッフさんみんな面白くて楽しかったです! 」

と、和気あいあいな撮影現場の雰囲気が伝わる投稿を行った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中