2019年 7月 16日 (火)

パスワード「預けて」SNS疲れ解消? 議論呼ぶ新サービス、運営・識者に見解を聞く

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   IT企業のデジタルデトックス(東京都港区)が2019年7月8日、「SNS疲れ」をした人をターゲットにしたサービス「CoinLocker(コインロッカー)」を始めた。

   SNSアカウントのパスワードを変更した上で一定期間「預かる」というものだが、SNS上では賛否両論寄せられている。運営会社と専門家に見解を聞いた。

  • コインロッカーの利用の流れ
    コインロッカーの利用の流れ

「SNS各社に対しての迷惑行為には当たらないと判断」

   コインロッカーは、メッセージのやり取りなどによる「SNS疲れ」に悩む人が増えている背景から開発された。

   ツイッター、インスタグラム、フェイスブックを対象に、アカウントのIDとパスワードをサービス側で管理し、プログラムでパスワードを変更して一定期間利用できないようにする。指定した期間を過ぎると、変更されたパスワードがメールで通知される。

   プレスリリースによれば、「ID、パスワードなどログインに必要な情報はお使いの端末にのみ保存されるため、仮にサーバー側でセキュリティ事故が発生したとしても情報が流出することはありません」と、安全面は問題ないとする。

   ただし、SNS各社の利用規約に違反する可能性があるとも付言する。「本サービスの利用は、自動化された手段でのアカウントへのアクセスに相当しますので、文言上、利用規約に違反する可能性がございます。しかしながら本サービスの利用における自動化されたアクセスは、ユーザの主体的な決定のもとでユーザ自身のアカウントにのみ影響を与えることから、実質的にSNS各社に対しての迷惑行為には当たらないと判断して、本サービスを提供しています」(公式サイトより)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中