2019年 7月 16日 (火)

人気声優・杉田智和、「好きの延長線上で仕事できて...」との嫌味への対処法明かす→「本当にかっこいい」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   声優の杉田智和さんが2019年7月11日、自身のツイッターで声優としての仕事を続ける中で言われた「皮肉」についての思いを吐露した。

  • 杉田さんのツイート。反響が広がっている
    杉田さんのツイート。反響が広がっている

「それらがあって今があります」

   杉田智和さんは、「銀魂」の坂田銀時や、「ジョジョの奇妙な冒険」のジョセフ・ジョースター、「涼宮ハルヒの憂鬱」のキョンなどを演じてきた人気男性声優だ。数々のアニメやゲームを熟知しており、それらを織り交ぜたトークでラジオやイベントなどの場を盛り上げることにも定評がある。

   そんな杉田さんが、ツイッターに過去に「好きの延長線で仕事できて凄いですねぇ」と嫌味な「皮肉」を言われたときの想いについてのツイートを11日20時過ぎに投稿。

   その言葉には慣れてるとしつつも、オタクの代名詞のような扱いで声を掛けられたときには、「基本黙るか静かに頭を下げて、それらがあって今があります、と答える。」と自身の対応についてコメントした。

   このように紳士的に対応するのは、「観ていたアニメを、遊んだゲームを、踏みにじる様な言動はしたくない」からだという杉田さん。その姿勢にファンからは

「本当にかっこいいです」
「好きな物、関わった人に敬意を持って真摯に対応する。そんな杉田さんが大好きです。そういうツイート見る度に惚れてゆきます。」
「だからあなたが好きなんだ」

と、杉田さんの姿勢に対する好感や尊敬のコメントが多数寄せられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中