2019年 8月 18日 (日)

セカオワSaori、自らの結婚時の「違和感」 「30年以上慣れ親しんだ名字だったから...」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   4人組バンド「SEKAI NO OWARI」のメンバーSaori(本名:藤崎彩織)さんが2019年7月16日未明、ツイッターを更新し、「結婚したので名字が変わった」としつつも、「30年以上慣れ親しんだ名字だったから出来れば変えたくなかった」と訴えた。

   Saoriさんは2017年に、俳優の池田大さんと結婚している。

  • Saoriさんのツイートより(画像一部加工)
    Saoriさんのツイートより(画像一部加工)

「名義変更の手数料6千円」にも違和感

   現行の民法では結婚の際、どちらかの姓に統一して改めなければならないが、現状は女性が男性の姓を選ぶ例が多い。現在、導入の是非をめぐって議論されている選択的夫婦別姓制度では夫婦が望む際に結婚後も、それぞれが結婚前の姓を名乗ることを認める。

   Saoriさんはツイッターで、自身の姓が変わったことなどを踏まえ、

「30年以上慣れ親しんだ名字だったから出来れば変えたくなかったけれど、日本では夫婦別姓は認められていない。男側の名字にする人は九割以上だ」

と指摘。また、「仕方なくパスポートの名前を変更したら『名義変更の手数料は6千円です』と言われ」たことも明かし、「違和感。。」とつづった。

   ツイートは16日10時過ぎで、9500以上リツイートされている。

(J-CASTニュース編集部 田中美知生)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中