2020年 10月 24日 (土)

その時、栗山監督は勝負に出た ソフトバンク独走阻止へ見せた執念

あのやずやの『にんにくしじみ』が半額に!?

「あの場面での代走は栗山監督の強い思いが伝わってきました」

「この日の一番のポイントは9回の攻撃だと思います。中田選手がフォアボールで出塁し、あの場面での代走は栗山監督の強い思いが伝わってきました。延長戦のことを考えれば、あの決断は難しいでしょう。それでも栗山監督は勝利を求めて勝負に出ました。勝ちにこだわる栗山監督の思いは、グランドの選手にも十分に伝わっていると思います」

   パ・リーグは7月16日現在、ソフトバンクが頭一つ抜け出ているが、2位以下は団子状態で4位・楽天まで5割をキープしている。最下位オリックスとソフトバンクのゲーム差は「10」で、セ・リーグ首位の巨人と2位DeNAの10.5ゲーム差よりも開いておらず、すべてのチームにチャンスが残っている状態だ。

「パ・リーグは2位以下、混戦状態にあり、どのチームが上に上がってきてもおかしくはありません。ファイターズにとってこの2連勝は非常に大きい。大田選手もしっかりと2番の役割を果たして機能しています。少し心配なのが清宮選手です。清宮選手に元気が戻ればチームも勢い付きますし、後半戦はトーナメント戦のつもりで勝ちに行ってほしいです」(田中氏)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中