2019年 12月 8日 (日)

加藤浩次に「報道魂を感じた」 スッキリで吉本改革熱弁、「株主発言」にも触れる

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2019年7月22日放送の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)が「神回」「報道魂を感じた」などとツイッターで反響を呼んでいる。

   番組MCで「極楽とんぼ」の加藤浩次さんは、自身の所属事務所である吉本興業への憤りを隠さず、「経営陣の刷新」を訴えた。

  • (画像は日本テレビ系「スッキリ」番組公式ウェブサイトより)
    (画像は日本テレビ系「スッキリ」番組公式ウェブサイトより)

松本人志に「辞めるとか言わないでいただきたい」

   同番組では約90分間にわたり、20日に行われた「雨上がり決死隊」の宮迫博之さんと「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さんの謝罪会見を取り上げ、CMを挟まず約30分間、出演者による討論を行った。

   加藤さんが最も声を荒げて訴えたのは、「吉本興業の経営陣の刷新」だった。

   吉本興業の大崎洋会長、岡本昭彦社長に対し、

「会社のトップが責任を取らない会社って機能しているのかな」
「今の会長、社長の体制が続くなら、僕は(会社を)辞めます」

などと変革を求めた。

   同じく吉本興業所属の「ハリセンボン」の近藤春菜さんはこうした加藤さんの発言を受け、

「(ダウンタウンの)松本(人志)さんや加藤さんにメディアの前で、こういう究極の話をさせてしまっているということを、会社の方は感じてください」

と涙ぐみながら語った。

   前日の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で松本さんは大崎会長が「これ以上騒動が大きくなるようであれば、進退を考えなければいけない」と話していたことを明かし、「大崎さんがいなかったら僕も辞める」などと発言していた。大崎会長は、ダウンタウンをデビュー直後から支え続けた人物だ。

   加藤さんは先輩である松本さんに意見するのは「本当につらい」と前置きしながらも、「絶対に変わらなきゃダメ」だと経営陣に対する思いは譲らず、松本さんに対しても

「辞めるとか言わないでいただきたい。新しい会社を松本さん中心につくっていただきたい」

と訴えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中