2019年 11月 13日 (水)

「芸人は本気と冗談を見分けられます」 吉本・岡本社長会見、所属芸人からも苦言

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   吉本興業の岡本昭彦社長が2019年7月22日、所属芸能人の反社会勢力への闇営業に端を発する一連の騒動についての説明を行うべく、記者会見を開いた。

   会見では、20日に自主的に会見を開いた宮迫博之さん(49)と田村亮さん(47)が、「テープ回してないよな」「会見を行ったら全員連帯責任でクビにする」などと言われたとする主張を行ったため、岡本社長がこれらのことにどのように反論するか、また、新たな情報が出てくるかなどが注目された。しかし、会見ではそれらの予想とは大きく外れ、岡本社長のかみ合わない回答が目立つ結果となった。

  • 記者会見で涙をぬぐう岡本昭彦社長
    記者会見で涙をぬぐう岡本昭彦社長

場を和ませようという意図で「テープ録ってんちゃうの?」

   会見で岡本社長は「テープ発言」について、場を和ませようという意図があったとしつつ、「冗談で『テープ録ってんちゃうの?』と言った」「全く受け入れられることなく、笑いは起きなかった」と説明。相手の緊張を解きほぐすためにギャグを放ったが、滑ってしまったとの認識を示した。

   また、「クビ発言」については、「父親が息子に『勘当や』と言うようなものだったが、結果として相手に伝わっていない。僕が思ってる距離感と、彼らが思ってる距離感にギャップがあった」と解説。さらに、これらのやり取りの際に併せて出てきたとされる「俺にはお前たちをクビにする力がある」という発言については、

「僕の全くもってダメなところなんですけど、怒ってしまうときに、標準語で『クビにする力があるんだぞ!』とは怒りながらは言えないと思います。ただ、(関西弁で)『クビや!』とか、そういったことを言ったことはありますが、それは、非常につらい思いをさせたということで、申し訳ないという風に思っております」

と、実に歯切れの悪い回答を示した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中