2019年 8月 19日 (月)

阪神後半戦、キーマンは近本だ! 逆転3ランで巻き返しに弾み

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   阪神が2019年7月21日、甲子園でヤクルトと対戦し5-2で勝利した。4回にウラディミール・バレンティン外野手(35)のソロ本塁打で先制されたが、5回に近本光司外野手(25)が逆転3ランを放ち試合をひっくり返した。投げては先発・西勇輝投手(28)が7回4安打2失点と踏ん張り、ジョンソン、ドリスのリレーで締めくくった。オールスターゲーム後、3連敗からの2連勝で、3位広島にゲーム差なしの4位。後半戦の巻き返しに弾みを付けた。

   最下位ヤクルトに取りこぼしが許されない状況の中、リードオフマンが輝きを放った。7月20日の初戦では9回に1死3塁からレフトへの犠牲フライでサヨナラ勝利を呼び込んだ。21日には1点ビハインドの5回、2死1、2塁の場面で逆転の3ランを放ち試合を決めた。オールスター後、5試合連続安打をマークする若虎が、チームをけん引している。

  • 阪神の本拠地・甲子園球場
    阪神の本拠地・甲子園球場

「近本選手が後半戦のカギを握っている」

   阪神OBで野球解説者の野口寿浩氏(48)は「近本選手は振りの鋭さが戻ってきました」と評価した上で次のように続けた。「ここにきて疲労が抜けたように感じられます。近本選手が後半戦のカギを握っているといってもいいでしょう。近本選手の活躍でチームがいい方向に向かっていると思います」と指摘する。

   また、野口氏は20日に先発した高橋遥人投手(23)を高く評価する。高橋はここまで9試合に先発して2勝2敗と、白星こそついてこないが、7試合でクオリティ・スタート(QS=先発投手が6回以上投げ、3自責点以内に抑える)を達成している。サヨナラ勝利の20日も白星こそ付かなかったが、7回2失点10奪三振の好投を見せた。

「高橋投手のピッチングは非常に良かったです。高めに浮く球が少なく、すべての球にキレがありました。20日の試合は湿気が多く、厳しい条件のもとでの投球になりましたが、その中で見事なピッチングでした。高橋投手がもうワンステップ上に行くにはスタミナをつけることでしょう。阪神のエースになれる素質を持つ投手ですので、今後が非常に楽しみです」(野口氏)

「打ち勝つ阪神が見られると思います」

   現在、セ・リーグは2位DeNAから5位・中日まで3ゲーム差の中にあり、団子状態となっている。首位・巨人は独走の気配を見せるものの、2位DeNAとは7ゲーム差、広島、阪神とは9ゲーム差と逆転不可能な数字ではない。

「巨人を含めた5チームは、どのチームにも優勝の可能性はあると思います。ここまで、矢野監督は『いかにして目の前の試合に勝つことが出来るか』ということを考え、その姿勢にブレはありません。チームが勝つためにやれることをすべてやっていると感じます。後半戦は福留選手が復帰し、ソラーテ選手が新加入しますので、打ち勝つ阪神が見られると思います」(野口氏)

   23日からは本拠地・甲子園で2位DeNAとの3連戦を控え、26日からは東京ドームに乗り込み首位・巨人に挑む。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中