2019年 12月 12日 (木)

清水圭の「爆弾告発」に、世間の反応が「微妙」なのは何故なのか

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   泥沼化する吉本興業の一連の騒動に関連し、同社所属の清水圭さんのブログが話題だ。

   吉本興業の岡本昭彦社長の記者会見が開かれた2019年7月22日、清水さんはブログで会見に言及。「のらりくらりと逃げ回ってはぐらかすことに終始していた印象です」と岡本社長を批判しつつ、過去に発生した自らと岡本社長とのやり取りを明かしている。

  • 22日に開かれた記者会見に出席した岡本昭彦社長
    22日に開かれた記者会見に出席した岡本昭彦社長

「到底、信用することはできません」

   清水さんは当該のやり取りは2001年に放送されたドラマ「明日があるさ」の撮影時のことであると明記。第1話で「自分で一番の見せ場だと思っていたシーンが跡形もなくカットされていることを見て、正直憤りました」としつつ、自らを担当するマネジャーに番組降板を匂わせたところ、後日、岡本社長が清水さんの元を訪れ、マネジャーに席を外させた上で、「『会社のやり方に文句があるなら、いつ辞めてもらってもいいんですよ』と恫喝されました」と明かしている。

   併せて清水さんは、

「あれから18年 社長になっても岡本氏はなにも変わっていませんでした まず人払いをして、話を聞かずいきなり恫喝する このパターンは私の時と全く同じです」
「以上のことから考えても、宮迫の言葉は信じるに値します 今日の『冗談でした』とか『和ませるためでした』という発言は 到底、信用することはできません」

と、自らが置かれたとする状況と20日に会見を開いた宮迫博之さんの証言を照合しつつ、宮迫さんの証言は信ぴょう性が高いと結論付けている。ブログではこのほか、このほか、清水さんは「吉本は今、国や官庁、地方自治体や国連とも仕事をしています」と、別の角度から吉本興業の企業としての姿勢を糾すなどしており、これらの状況を鑑みると、これまでに清水さんとしては、会社に対して腹に据えかねた感情が多数あることがうかがえる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中