2019年 12月 10日 (火)

石田ゆり子が語った16歳の思い出 当時は「何もかもが楽しくて...」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   女優の石田ゆり子さん(49)が、デビュー当時の写真を披露し、反響を呼んでいる。

  • 石田ゆり子さん。ふとしたきっかけで16歳当時の思い出がよみがえったという
    石田ゆり子さん。ふとしたきっかけで16歳当時の思い出がよみがえったという
  • インスタに公開された画像
    インスタに公開された画像

「デビュー当時の16歳の自分にフラッシュバック」

   石田さんは2019年7月24日にインスタグラムを更新し、昨日の会食中に歌手の山下達郎さん(66)の楽曲「悲しみのJODY」が流れてきたことを明かしつつ、

「心は一瞬でデビュー当時の16歳の自分にフラッシュバック」
「山下達郎さんはわたしのデビューした全日空の1987年の夏キャン(夏のキャンペーンのことです。当時はこういうふうに言ったんですよ)の曲を作ってくださった方です」

とコメント。水着を着用して砂にまみれ、小麦色の肌で笑顔を見せている16歳当時の自身の写真を披露した。

   さらに石田さんは、

「『踊ろよ、フィッシュ』という曲は、そのキャンペーンのために作ってくださった曲です」

と、全日空沖縄キャンペーン・ソングだった「踊ろよ、フィッシュ」について語りつつ、

「撮影当時16歳の私は何もかもが楽しくて未来が果てしなく続くと思っていた」
「あぁ、不思議な気持ち。音楽ってすごい」

と当時の気持ちを呼び起こした音楽の力に感嘆。最後には、

「山下達郎さんのコンサートに行きたい」

と結んでいた。

   この投稿に歌手のスガシカオ(52)さんからは、

「今でもゆり子さんの未来は、果てしなく続いてますよ!!!」

といったコメントが。親友を公言する女優の板谷由夏さん(44)からは、

「ライブ一緒行こ」

というコメントが寄せられていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中