2020年 9月 24日 (木)

トレード見送った原巨人、痛い「先発不足」 中継ぎ高木、田口の緊急昇格も?

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   5年ぶりのV奪回に暗雲が立ち込めた。

   巨人は2019年7月31日、広島と対戦し2-3で敗れた。先発のドラ1左腕・高橋優貴投手(22)が初回に先頭・西川龍馬内野手(24)、2番・菊池涼介内野手(29)に連続本塁打を浴びていきなり2失点。3回には連続四球で1死1、2塁とし、4番・鈴木誠也外野手(24)にタイムリーを許した。高橋はここで降板となり、プロ最短となる3回途中KOで2軍降格が決定的となった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

野手、中継ぎの補強には成功したが...

   連勝が「2」でストップし、2位DeNAとのゲーム差は再び3.5ゲームとなり、3位・広島とは5ゲーム差まで縮まった。オールスターゲーム後、14戦で5勝9敗と大きく負け越し、前半戦の貯金を食い潰す生活が続く。先発ローテーションの一角として期待がかかるドラ1ルーキーは5月6日のDeNA戦以降、白星はなく、巨人は先発の枚数が足りない状態にある。

   交流戦後、2度にわたるトレードで3人の投手を獲得し、さらに新外国人ルビー・デラロサ投手(30)を獲得したことで中継ぎ陣に厚みが増した。この日も日ハムからトレードで移籍した鍵谷陽平投手(28)が2番手としてマウンドに上がり無失点に抑え、9回2死2塁のピンチの場面でマウンドを任されたデラロサはサビエル・バディスタ内野手(27)を3塁ゴロに打ち取り追加点を許さなかった。

   昨オフは、丸佳浩外野手(30)、炭谷銀仁朗捕手(31)をはじめとし、野手中心の補強が続き、先発投手に関してはドラフト1位で高橋を獲得した他は手付かずの状態だった。シーズンに入ってから中継ぎ陣が安定せず、これを受けてトレードを行ったが、先発はいまだコマ不足が続く。楽天から先発要員として獲得した古川侑利投手(23)は7月24日のヤクルト戦でまさかの1回KOで即2軍降格となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中