2020年 9月 24日 (木)

原田、辰吉、山中... 「黄金のバンタム」日本人王者たちと、井上尚弥を比べれば

カンタン約1分!あなたの健康に関するアンケートのお願い

   ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝が11月開催で最終調整に入った。決勝戦では「モンスター」井上尚弥(26)とフィリピンの「レジェンド」ノニト・ドネア(36)が拳を交える。

   一時、ドネア陣営が主催者サイドの運営姿勢に不満を漏らし開催が危ぶまれたものの、海外メディアによると、ドネアが井上戦に向けてトレーニングを始めたという。開催日時などの詳細は正式決定していないが、11月にはドリームマッチが実現する見込みだ。

   井上が世界王者として君臨するバンタム級は、ボクシング界では「黄金のバンタム」と称される。1960年代、世界に衝撃を与えたひとりのボクサーがいた。ブラジル出身のエデル・ジョフレだ。強烈なパンチを武器に軽量級ながらKOの山を築き上げ、世界バンタム級王座を8度防衛し、その後、フェザー級を制して世界2階級制覇を達成。リスペクトの意を込めて人々はジョフレを「黄金のバンタム」と呼んだ。

  • 井上尚弥(2016年撮影)
    井上尚弥(2016年撮影)
  • 井上尚弥(2016年撮影)

「殿堂入り」原田氏、ラッシュはもはや伝説

   日本のボクシング史上、これまで暫定王者を除き、バンタム級の世界王者は9人誕生している。井上は日本人9人目のバンタム級世界王者となる。軽量級の世界王者を多く輩出している日本ボクシング界において、とりわけ「黄金のバンタム」の注目度は高い。平成のボクシング界をけん引した辰吉丈一郎氏(49)はバンタム級に強いこだわりをみせ、バンタム級で9度、世界戦のリングに上がった。

   日本人で初めてバンタム級の世界王座を獲得したのはファイティング原田氏だ。1965年5月18日、原田氏が挑んだのは「黄金のバンタム」ジョフレ。世界フライ級王座に続いて世界2階級制覇に臨んだ原田氏は2-1の判定で勝利した。当時は世界団体が分裂前で世界王者は世界でただひとり。単純比較は出来ないが、現在でいえば、世界4団体統一王者に相当するだろう。

   「黄金のバンタム」を破った原田氏は世界にその名をとどろかせ、引退後、日本人で初めて世界ボクシング殿堂入りを果たしている。3分間、休みなく続く驚異的なラッシュ戦法は世界でも類を見ず、いまや伝説と化している。かのヘビー級統一王者マイク・タイソン氏は、師匠のカス・ダマト氏の勧めにより原田氏の現役時代のビデオを繰り返し見たという。タイソン氏は尊敬するボクサーとして常に原田氏の名前を挙げていたほどリスペクトしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中