2019年 11月 15日 (金)

「オウム真理教知ってる?」 麻生財務相、輸出管理めぐり「サリン転用」を懸念

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   韓国の「ホワイト国」除外をめぐる問題で、麻生太郎副総理兼財務相が2019年8月2日の記者会見で、そもそも韓国は日本が指南した上でホワイト国に指定されたとして「忘れてもらっちゃ困るよ?」などと述べた。このホワイト国指定は「紳士協定みたいなもん」で維持されてきたが、「それが訳が分からん」状態になった、とも指摘。これまで政府が主張してきた韓国側の輸出管理体制の不備を、麻生氏独自の表現で改めて説明した形だ。

   さらに麻生氏は「まあ一つの例ですよ」と断りつつ「オウム真理教知ってる?」とも話し、日本から輸出された材料がサリンに転用されることへの懸念もにじませた。韓国の輸出管理をめぐる問題では、「政府関係者」によるサリン転用の懸念が報じられることはあったが、現職閣僚が記者会見で発言するのは珍しい。

  • 麻生太郎財務相(2007年撮影)
    麻生太郎財務相(2007年撮影)

「我々日本が韓国にやり方を全部教えたんだからね」

   麻生氏の記者会見が行われたのは、ホワイト国除外を決めた閣議の直後だ。麻生氏は「正式に今日、閣議決定してますから、そういった意味では予定通り」だとした上で、04年の韓国のホワイト国入りには日本政府のお膳立てがあった経緯を説明した。なお、04年には、麻生氏は小泉内閣で総務相を務めていた。

「だって、ホワイト国になるという条件をどうやって取れるかというのを、我々日本が韓国にやり方を全部教えたんだからね。忘れてもらっちゃ困るよ?これ、日本が全部やって、それで韓国がそのとおり、ということで出来るようになりました」

   その上で、「ホワイト国」としての信頼関係に問題が生じる様子を、

「(ホワイト国に)なったらいきなり、何となく『韓国さん、おたく、輸入して、全部それ、おたくの中でちゃんと消費してます?という数字にしてはちょっと大きすぎるんじゃないの?これ、どっか訳の分からんところに輸出してないでしょうね?』。そういうことしない、っていう約束でこれは成り立ってる話ですから。一種のgentleman's agreementみたいなもんでやってるもんだからね、紳士協定みたいなもんでやってるんだから。その上で、それが訳が分からん、と」

と表現。その上で、

「フッ素なんて言う話は、すぐにサリンに使えるという代物であるということは、これはもう...」

などと話した。

「別に売らないって言ってるんじゃありません」

   次に麻生氏が口にしたのが「オウム真理教知ってる?」。教団の本拠地があった山梨県の旧上九一色村(現・富士河口湖町)を念頭に、「九一色村」とも繰り返した。麻生氏はオウム真理教が安価な原料からサリンを生成したことに言及しながら、サリン原料が拡散することへの疑念をにじませた。

「そういったようなものが流出してません?というような話をきちんと説明できないといかん。まあ一つの例ですよ。そういった意味で、きちんとしたものをしてください、という話で、別に売らないって言ってるんじゃありません。ちゃんと明らかにしてもらえればよろしいだけの話ですから、という話をしている」

   なお、菅義偉官房長官は7月5日の記者会見で、韓国側からの批判について

「韓国側の我が国に対しての過剰な主張は全く当たらない」

と応じた。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中