2019年 11月 13日 (水)

首都圏ではNHKだけだが... 8月6日、広島では「すべての民放」が平和祈念式典を生放送する

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2019年8月6日は、広島県にある民放4局すべてで「平和記念式典」の生中継がされた。

   中国新聞(本社・広島県広島市)のテレビ欄をみると、横並びにずらーっと「原爆」や「平和」の文字が見受けられる。夕方のニュースも同様だ。

  • 広島県のどのテレビ局も「平和記念式典」を中継した(2019年8月6日、中国新聞17版)
    広島県のどのテレビ局も「平和記念式典」を中継した(2019年8月6日、中国新聞17版)

「ビビット」や「とくダネ」は前半放送せず

   広島に原爆が投下されてから74年が経過した。2019年8月6日8時15分に黙とうを捧げる姿を、首都圏の地上波テレビではNHKの中継でのみ、みることができた。当の広島はどうなのだろうか。広島市に本社を置く「中国新聞」を購入し、現地ではどれほど報じられているのか、調べてみた。

   広島県には、

中国放送(TBS系列、以下RCC)
広島テレビ放送(日本テレビ系列、以下広テレ)
広島ホームテレビ(テレビ朝日系列、以下ホーム)
テレビ新広島(フジテレビ系列、以下TSS)

と、4つの民放があるが、テレビ欄で確認する限りでは、すべての局で「平和記念式典」の生中継が組まれていた。全国放送されている8時台のワイドショー「ビビット」(TBS系)や「とくダネ!」(フジ系)は、放送時間が30分から40分、先送りとなっている。RCCでは「あさチャン!」が10分前倒しで終了し、どの民放よりも早く、式典の放送を始めている。広テレに関しては8時から145分の特集を組み、ジャーナリスト・池上彰氏と共に平和公園から生中継する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中