2020年 9月 26日 (土)

星稜・奥川の投球に「プロ関係者は安堵」 圧巻の94球3安打完封劇

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   第101回全国高校野球選手権大会第2日目が2019年8月7日、甲子園球場で行われ、今大会ナンバーワン投手の呼び声高いプロ注目の星稜・奥川恭伸投手(3年)が圧巻の完封勝利を飾った。

   旭川大高を相手に3安打9奪三振の好投でストレートはMAX153キロをマーク。味方打線が2回に挙げた虎の子の1点を守り切り、全国制覇へ好スタートを切った。

  • 高校野球の聖地・甲子園球場
    高校野球の聖地・甲子園球場
  • 高校野球の聖地・甲子園球場

打者30人に対してほぼ完ぺきな投球

   プロ注目右腕が初回からエンジン全開でスタンドを沸かせた。先頭・佐藤一伎(3年)の4球目に150キロをマークすると、スタンドからは大きなどよめきが。そしてカウント2-2からの5球目、渾身の力を込めて投じたストレートで空振り三振に打ち取った。球速は自己最速タイとなる153キロ。続く2番、3番を連続三振で仕留め、三者連続三振のド派手な立ち上がりだった。

   150キロを超えるストレートに130キロ台のスライダーを織り交ぜ、旭川大打線に与えたヒットはわずかに3つ。四球は5回に与えた1つのみ。試合後、奥川は「反省するべき点の方が多かったです」と殊勝に振り返ったが、打者30人に対してほぼ完ぺきな投球内容で夏の大会1勝目を挙げた。

   中学3年で全国制覇し、星稜では1年生からベンチ入り。昨年は2年生で唯一、U-18侍ジャパンに選出され日の丸を背負った。中学生時代から奥川の名は全国区で、高校2年になると、プロのスカウトからも注目され始めた。ストレート、変化球のキレに加えて制球力は超高校級で、183センチ、82キロの体格も大きな魅力となる。今秋のドラフト会議の目玉のひとりでもあり、ドラフト1位候補に挙がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中