2019年 9月 15日 (日)

中国で「羽生結弦」が商標登録申請 所属のANA「状況は把握している」

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

「適宜マネジメント会社と連携してまいります」

   ANA広報は7日、J-CASTニュースの取材に「商標登録申請がされている状況は把握しています」とした上で、「当社が確認している範囲で、全体として7件の申請がなされ、すでに5件は却下されていることを把握しています」とも答えた。

   上記の商標DBでは、過去にも「羽生結弦」で商標登録申請されていた記録が見つかった。17年8月~18年7月の間に計5回の申請があり、いずれも審査の結果「拒否、却下または無効」の判断が下されている。申請したのは4社で、いずれも今回の企業とは異なる。

   商標申請に対する対応などを検討しているかどうかについて。ANA広報は、

「引き続き、状況把握に努め、適宜マネジメント会社と連携してまいります。ANAグループは今後とも羽生結弦選手を応援していきます」

と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中