2019年 9月 23日 (月)

星稜・奥川投手は「稲尾さんによく似ている」 張本氏が絶賛した理由

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   野球界の「ご意見番」こと張本勲氏が、2019年8月18日に放送されたTBS系「サンデーモーニング」で、前日14回165球を投げ切ってサヨナラ勝ちを収めた星稜(石川)のドラフト1位候補の奥川恭伸投手を絶賛した。

  • 星稜高の奥川投手を絶賛した張本勲氏
    星稜高の奥川投手を絶賛した張本勲氏

「プロでもすぐ通用する」

   奥川投手は最速154キロのストレートと、キレのあるスライダー、フォークなどが持ち味。試合は令和初のタイブレーク(無死走者一、二塁からスタート)となり、11回には2度も足をつりかけた。しかし、延長戦に入っても球威は落ちず、最後まで1人で投げ切った。

   張本氏は「試合を見とったんだけどね」と前置きした上、

「各界、スポーツ界...こういう選手が出るんだね。すごいピッチャーが出てきた。しなやかで腕は振れるし。183センチでしょ? 上から投げ下ろす速球は角度があるし」

   続けて、

「スライダーがいい。大投手、昔の西鉄(ライオンズ)の稲尾(和久)さん(故人=1937年~2007年)によく似ている。速く落ちる球(スライダー)は、プロでもすぐ通用する」

と太鼓判を押した。

   稲尾さんと言えば、プロ通算276勝を挙げた文字通りの大投手である。そのピッチングは「神様、仏様、稲尾様」と言われるほどの選手だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中