2019年 9月 22日 (日)

巨人リーグVならメルセデスの年俸は... 岡本の567%アップ超えなるか

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   5年ぶりのV奪回へ向けて巨人が首位を快走している。2019年8月20日現在、32試合を残して2位・DeNAに6ゲーム差を付けている。早ければ22日にも優勝へのマジックナンバーが点灯する勢いで、いよいよラストスパートに入った。

   リーグ優勝、そして日本一。G党の期待は膨らむ一方だが、ここで気になるのが主力選手の今オフの契約更改だ。5年ぶりの優勝ならば、大盤振る舞いが想定されるが、年俸の大幅アップを勝ち取る選手は...。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

「ケタが2つ違う」差

   高額年俸を誇る巨人の1軍選手において、最もコスパの良い選手といわれるのがC.C.メルセデス投手(25)だ。昨シーズンは7月に支配下登録を勝ち取り、ローテーション入りを果たし、5勝をマークした。昨年11月の契約更改では年俸の大幅アップが期待されたが、1000万円に届かず860万円(金額は推定)でサイン。安すぎるメルセデスの年俸に「ベンツも買えない」とG党から同情の声が相次いだ。

   今シーズン、メルセデスは開幕からローテーションの一角を担い、ここまで19試合に先発して8勝6敗をマークし、クオリティ・スタート(QS=先発投手が6回以上投げ、3自責点以内に抑える)を8度達成している。ドラ1左腕・高橋優貴投手(22)が戦線離脱している期間に貴重な先発左腕としてチームに貢献。8月に入ってからは2勝1敗と、調子が上向いてきている。

   メルセデスの8勝は、山口俊投手(32)の12勝、菅野智之投手(29)の9勝に次ぐチーム3番目の数字。防御率では3.71の菅野を下回る3.54を記録している。巨人の2枚看板に迫る成績を残し、2ケタまであと2勝の左腕。ちなみに菅野、山口の年俸は、菅野が6億5000万円、山口が2億3000万円(いずれも金額は推定)となっており、メルセデスの年俸とはケタが2つ違う。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中