2019年 11月 20日 (水)

医療記事で「誤解与えた」 育児サイト「ベビカム」謝罪...医師からも苦言

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   出産・育児情報サイト大手の「ベビカム」で、不正確な医療関連記事を配信していたとして、運営会社は「読者のみなさまに深くお詫びする」と謝罪した。

   専門家は、他にも問題をはらんでいると指摘し、「ウェルクやヘルスケア大学の騒動から何も学んでない」とあきれる。

  • ベビカムのトップページ
    ベビカムのトップページ

日本最大級の育児コミュニティ

   ベビカムは、同名の企業(東京都港区)が1998年に立ち上げた。19年7月のプレスリリースでは「年間800万人以上のママたちが訪れる日本最大級の育児コミュニティサイト」とうたい、16年には小学館との資本提携を発表している。

   妊娠や出産、育児にまつわる記事を中心に配信しているが、「お役立ち健康ニュース」との枠で健康・医療関連の情報も伝えている。

   しかし、19年6月に公開された記事「夏、男の子に多い急性出血性膀胱炎。女の子に多い膀胱炎との違いは?」をめぐり、五本木クリニック(泌尿器科・内科)院長の桑満おさむ氏が、不正確な記述が多数あるとブログで指摘した。

   記事では、出血性膀胱炎の原因はアデノウイルスで、安静にしているだけで自然に治るとの旨の記載をしていたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中