2021年 7月 29日 (木)

コンビニ・クレカ大手は「値引き」...メリットとデメリットは? 増税ポイント還元で対応固まる

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

メリットは「なにも考えなくていい」こと

   値引きによるメリットは、やはり「なにも考えなくていい」ことにある。ポイントであれば即時付与は少なく、早くても1~2日かかるのが一般的だ。それまでは「使えないお金」でしかない。また事業者によっては、有効期限や交換単位(100ポイントごとなど)もあるため、うっかり失効してしまうこともあるだろう。そのあたりがストレスフリーになるのは、消費者にとっても意味がある。

   一方で、デメリットがあるとすれば、「ポイント」として得られないことだ。ポイントによっては、航空会社のマイルといった他社サービスに交換できる。特典航空券などに引き換えれば、交換手数料を差し引いても、1ポイント=1円以上の価値を持つこともある。

   「得した実感」がわかないのも、人によってはデメリットになりうる。クレカの支払いサイクルを考えると、増税から1年ほど経つまで、ほぼ増税前の価格(2%還元の場合)で請求されることになる。レシートや請求明細を逐一チェックしない消費者だと、そこでようやく増税を実感することもあるだろう。あなたの生活スタイルには、ポイント付与と値引き、どちらが合っているだろうか。

(J-CASTニュース編集部 城戸譲)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中