2021年 8月 1日 (日)

マツキヨを待つ「次の戦い」 ココカラとは統合協議入り

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

合従連衡はどう展開してもおかしくない

   今後の動きはどうなるのか。実は、マツキヨとスギが2018年末まで統合交渉をしていた。結局、経営の主導権を巡り折り合えなかったとされるが、合従連衡はどう展開してもおかしくないというのが業界の常識だ。

   そこで注目されるのが大手スーパーのイオンだ。業界2位のウエルシアHDを子会社に持ち、1位のツルハHDにも13%出資する。スギはイオンとも因縁があり、2000年に資本・業務提携したが、06年に解消した。そのしこりが尾を引いているのかも含め、今後の業界再編がどう展開するのか、目が離せない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中