2019年 9月 17日 (火)

米中摩擦に揺れる川崎汽船株 8月末の売り、9月初の買い...今後は

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   海運大手3社の一角をしめる川崎汽船の株価が揺れている。2019年8月26日には約6年9カ月ぶりの安値をつけた一方、9月に入ってからは逆に急伸する場面も。

   米中貿易摩擦によって世界の荷動きが鈍るとの懸念が背景にあるとみられる。

  • 米中摩擦のあおりを受ける形に(イメージ)
    米中摩擦のあおりを受ける形に(イメージ)

追加関税の応酬が直撃

   8月下旬に市場を揺さぶったのは米中の追加関税の応酬だ。中国は23日、米国による対中追加関税への報復措置として原油・農産物など約750億ドル(約7兆9000億円)分の米国製品に5~10%分の追加関税をかけると発表。これを受けて米国は同日、2500億円ドル分の中国製品に課している制裁関税を10月、25%から30%に引き上げるとしたうえ、9月に予定する第4弾の追加関税を10%から15%に引き上げると発表した。

   日韓の貿易問題が小さく見える巨大国同士の報復合戦は世界経済への影響も計り知れず、収束の気配も見えないところが先行き不安を増幅している。金融市場は動揺し、「有事の円買い」によって週開け26日の円相場は一時、1ドル=104円台に上昇し、1月上旬以来、約7カ月半ぶりの高値をつけた。

   世界の貿易が停滞するとの見方から26日、海運を担う川崎汽船の株は売られ、一時前週末終値比5.5%(60円)安の1032円と、約6年9カ月ぶりの安値になった。川崎汽船は2020年3月期の為替レートを1ドル=108円67銭と設定している。1円の円高は約4億円の減益要因とされるだけに、荷動きの低迷不安とともに2020年3月期に経常利益で50億円を見込む業績への悪影響が懸念された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中