2019年 9月 19日 (木)

ガキ使で「岡本社長イジリ」 「絶対に笑ってはいけない」大晦日への伏線か?

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)の最終回の余韻冷めやらぬ中、同ドラマに続けて放送された「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」(同局系)の中に、視聴者の度肝を抜いたシーンがあった。

   「ガキ使」が放送された2019年9月8日は、ダウンタウンの松本人志さんの56歳の誕生日で、この日の企画では、松本さんの誕生日を祝うべく、14年ぶりとなる「松ちゃん挑戦シリーズ」が復活。松本さんが「以前から願っていた」という、体操の「3回転ひねり」の技を決めるという願いをかなえるべく、相方の浜田雅功さんらが松本さんの体を支えつつ、無理やりにでも技を決めさせようという企画だったが、視聴者が注目したのは番組に登場したジグソーパズルだった。

  • 2019年7月22日の記者会見で涙をぬぐう吉本興業の岡本昭彦社長
    2019年7月22日の記者会見で涙をぬぐう吉本興業の岡本昭彦社長

「岡本社長のジグソーパズルは反則」

   番組中盤、サポートが悪いがゆえに技が決まらないとして「不機嫌になった」松本さんは控え室に籠城。その機嫌を直すべく、浜田さんらが中に入ると、松本さんはテーブル上のジグソーパズルを組みながら駄々をこねつつ、嘘泣きを始めた。何とかスタジオに戻るよう促す浜田さんたちだったが、そのジグソーパズルが画面で大写しになると視聴者が驚きの声を上げたのだ。

   松本さんが組んでいたのは、7月22日に開かれた記者会見に出席した、吉本興業の岡本昭彦社長の顔写真がプリントされたジグソーパズル。会見中、岡本社長は何度もハンカチで涙をぬぐう瞬間があったが、ジグソーパズルにプリントされていたのは、そのうちのワンシーンだった。そのため、これに驚いた視聴者からは、「岡本社長のジグソーパズルは反則」「松っちゃんが岡本社長の号泣シーンのパズルやってて腹よじれた」といった声が続々と上がった。

騒動勃発の初期からツイッターでメッセージを発信していた松本さん

   反社会勢力の忘年会に端を発した吉本興業の「闇営業」問題。これらの問題を収拾すべく開かれた岡本社長の謝罪会見だったが、岡本社長の要領を得ない回答が目立った上、会見時間は5時間半に及ぶなど、混乱を広げた感は否めない謝罪会見だったことは記憶に新しい。その岡本さんの写真を「ガキ使」の番組中に登場させた松本さんは、騒動勃発の初期からツイッターでメッセージを発信するなど、事態の解決に向けて動く姿勢を見せ続けてきた。

   特に、会見から僅か2日後となる7月24日には、「吉本芸人が全員集まって岡本社長会見大反省会&大討論会を生配信でやる。 夢を見た」とツイート。騒動を逆手に取って番組にしてしまおうともとれるメッセージにはファンからの絶賛が殺到したが、「ガキ使」の昨年の動きを見てみると、岡本社長のジグソーパズルがやや意味深に見えてくる。

   昨年の「ガキ使」の「笑ってはいけないシリーズ」は、「絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター」だったが、そこから遡ること約2カ月前の2018年10月28日の通常放送の中には、大晦日の放送の「伏線だったのではないか」と視聴者から指摘された要素がチラホラ。大晦日の放送ではトレジャーハンターということで財団法人格の考古学研究所が登場するが、10月28日の放送では、「考古学者」「社団法人」という単語が出演者の口から飛び出しており、大晦日の放送が決定したと発表された際には、視聴者の間で指摘が相次いでいたのだ。仮に同様の形式が存在しており、今年の「笑ってはいけない」の番組制作が行われているとしたら......。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中